ルーチカぬりえ新サイトのお知らせ

0

    写真等を探しやすくするにはブログでは限界があったため、新しいサイトを仕立てました。

    ぬり絵の参考にぜひご覧ください。

     

    http://stelklara.net/ruchka-nurie/


    海生生物/キクメイシサンゴ

    0

      そいえば・・・・・

      本当は最初に深海生物というカテゴリーがあったのです。

      クラゲを筆頭に、デメニギスやメンダコ、サルパ、サキャスティック・フリンジヘッド、ユメナマコ・・・・・・

      でも、さすがにマニアックすぎるしぬりづらいので、貝殻などの無難なものにしました。

      カテゴリータイトルはそのまんまになっていることに、今気づきました。

      次の増刷があったら修正してもらおう・・・・・

       

       

      『鉱物と理科室のぬり絵』ルーチカ


      鉱物/アクアマリン

      0

        『鉱物と理科室のぬり絵』ルーチカ

        右の銀色の鱗みたいなものは白雲母です。

        層の隙間を黒っぽく。

        手間にくるにしたがってグラデーションをつけて色を明るく。

        縁の部分は白抜きで表現。

         

        アクアマリンは同系色をたくさん持っているとぬりやすいのですが、色数が少ない場合はいろいろ色を重ねたり、強弱をつけてみてください。

         


        鉱物/山入水晶と両錐水晶

        0

          『鉱物と理科室のぬり絵』ルーチカ

          『鉱物と理科室のぬり絵』の標本は、このために入手したものもありますが、これは手元にあったもの・・・・・なので素晴らしい標本ではありません。

           

          でも、内部の山の稜線がわかりやすかったので採用しました。

           

          空想のインクルージョンを書き足したり、いろいろな色でぬるのもよし・・・・

          写真を忠実に再現しようとすれば背景に濃い色を持ってきて、透明部分はその色で、稜線や輪郭は白抜きで・・・・となります。

           

           

          『鉱物と理科室のぬり絵』ルーチカ

          白背景だとこんな感じ。

          白背景にした場合は、影も描くと雰囲気がでます。

          光の部分を思い切って白抜きし、光の近くにある面の境目はくっきりとぬり分けるのがポイントです。

           

           

          もう1つ。透明な水晶単結晶。

           

          『鉱物と理科室のぬり絵』ルーチカ

          背景は白ですが、影で色が発生しています。

          向こう側の柱面の境目が透けて見えています。

          透けて見える線と手前の線をどう変えるかが腕の見せ所かもしれません。


          みんなのぬりえ 9/3

          0

            虫入りの琥珀を彷彿とさせます。色も淡くて幻想的です。

             

            やっぱりこれ…色鉛筆とは思えないです…筆跡が見えない技法は、光沢のある石を塗るのには大事な要素ですね。

             

            塗るだけではなく、図鑑的な考察まで!

             

            すごい、ガラスっぽい…!コピックならではの質感とホワイトの効果は無敵ですね(^o^)

             

            お疲れ様です!青水晶が本当に南の海のように青く、素敵です。

             

            淡くてマットな質感はパステルのようでもありますが、水彩色鉛筆なのですね。美しいです。

             

            鉱物は反射と透過のオンパレードなので、やはり難しいですよね。でも楽しんでいただけてとても嬉しいです(^-^)


            | 1/7PAGES | >>